2007年07月18日

ジャッカル スカッドミノー

究極のベーシックルアー、ジャッカル「スカッドミノー」。

加藤誠司さんが長年の経験、技術を注ぎ込んだ、最高傑作のルアーで、「これ以上のミノーはありえないよ。」というミノーです。

『世界基準ジャークベイト』を開発コンセプトに創り出されたスカッドミノーは、アクション重視の固定ウエイトタイプですが、ベイト、スピニングタックルでもストレスを感じさせないクラス最高レベルの飛距離は圧巻です。連続ジャークでも水中から飛び出すことのない「バランスの良さ」。誰もが簡単にできる「左右への首振りアクション(水中ドッグウォーク」。 止めたい場所で流れることなくピタリと止まり、次のアクションへも機敏に反応するレスポンスの良さは開発者「加藤誠司」のお墨付きです。

 

サイズは95、80、65の3種類あります。

ジャッカル スカッドミノー80SP

  ジャッカル スカッドミノー65SP

posted by にの at 00:06| 🌁 | TrackBack(0) | ジャッカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ジャッカル マスク

ソフト耐久素材でスローシンキングタイプのミノー「マスク」。
長さ:100mm
重さ:14.3g



ソフトな素材を使っているので、バスが違和感無くバイトしてくるためか、ルアーが丸呑みされる事もしばしば。

フックがルアーのボディ部分と当たって発する音も無いので、バスにプレッシャーがかかにくいんでしょうね。

さらに、そのソフトな素材によって、ウォブリングにより発生する水を押す波動も他のプラスチックルアーと違うので、その波動にも興味を持つんでしょう。

このマスクはアクション(トゥイッチなど)をかけずに、ジャッカルさんのホームページに書いてあるとおり「ただ巻き」がベストだと思います。

で、不満な点ですが・・・

まず、ソフトな素材を使用しているのでどうしても保存方法が難しいようです。

ワームとハードルアーを一緒に入れておくと変色したりするのと同じ原理っぽいですね。

あと、これは個体差があるのかもしれませんが、ルアーの目が取れやすい。

これもソフト素材を使っているので、接着力が弱くなるんでしょう・・・
まぁこれは、お店でルアーの目だけ売っているので、それで対処すればいいですね。
posted by にの at 03:34| 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | ジャッカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。