2007年07月21日

イマカツ キラービルミノー

私が今年の春に大変お世話になったルアー「キラービルミノー」



今年5月に琵琶湖へ行って来たんですが、キラービルで50upを2匹釣っています手(チョキ)

詳しくは釣行記にも書いてあります。

このルアーは、ビックベイトみたいなジョイントルアーになっていて、動きがとにかく艶めかしいexclamation
本物の魚みたいです。

サスペンドミノーなので、ジャークを入れた後ピタッと止まり、その場で尻尾の部分がユラッと動きます。

あとこのルアーの特徴として、キラーテールシステムでしょう。
これは、尻尾がソフトワームみたいな素材になっていて、そこにダブルフックをとりつけるんですが、尻尾を少しかじるようなショートバイトでもバスを確実にかける事ができるようになっています。
琵琶湖で釣れたバスは、しっかり喰ってくれたので、あまり恩恵を感じられませんでしたが、その後いつも行く野池へ行った時に、キラーテールシステムのおかげで結構いい思いができました。

欠点としては、リップが結構大きくて、たしか潜行深度が3mくらいなので、水深が無い所では使いづらいです。
ある程度水深があるところは非常に重宝するんですけどねぇ・・・
まだ使ったことはないですが、パワービルやウインドビル、スーパーキラービルなどを使えば水深がもっと浅いところでも対処できそうです。

ちなみに、このキラービルは私の地元だけかもしれませんが、なかなか在庫がないようです。
よく行く店の店員さんに聞いたんですが、注文はできなくて、ルアーはイマカツの販売員の方が店に勝手に持ってくるためだそうで・・・

中古でも状態が良さそうなら買っておいて損はないと思います。
来年の春に向けて、色々なカラーを貯めておくときっと来年いい思いができると思いますexclamation

保証は出来ませんが・・・
posted by にの at 01:12| 🌁 | TrackBack(0) | イマカツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。