2007年07月19日

5/29日 釣行記

だいぶ前の日記ですが、違うところで書いていたのでここにも載せます。

土曜の夜から琵琶湖に遠征に行って来ました。
最近釣りビジョンを観るようになって、アフターのブラックバスはジャークで見せて釣るのが有効だとよく言っているので、今回はずっとタックルボックスに眠っていたイマカツのキラービルを使ってみることにした。
 
まず最初のポイントは前回53cmを釣り上げたテトラのポイント。
ルアーも前回と同じく、ラバージグでボトムまで落として少しアクションを加えてアタリが無ければ次に移動というやりかたで探ってみた。
しかし、前回はボトムでのアタリがあったのに、今回はフォールの最中でアタリがよくでた。
しかもかなり小さいらしく全然のらないので、早々に見切り場所移動
次のポイントはオープンウォーターだが、ボトムにウィードが生えていて実績のある場所。

ここで、キラービルを使って見ることに。ジャークを軽く入れながら探って行くこと三投目・・・

急に竿が絞り込まれた なかなかの引きを楽しませてくれていざ取り込もうと思ったが、
ここは水面まで1メートル以上ある所なので、手が届かないしタモも持ってきてない・・・

バスはもう暴れそうに無いのを確認してから、
仕方ないのでラインを手で持ちながらゆっくりあげることにした。
そして、なんとかあげたバスがコレ!
 0001.JPG

その後その場所でまったくアタリも無くなったので、仮眠 仮眠後は琵琶湖にきたら毎回よる水路へ。
ここは毎回サイズは小さいけど釣れる場所なので、3匹くらい30cm以下のバスを釣り上げて終了し、また一番初めのテトラポイントへ。
 キラービルで、テトラ際ではなく沖に向かってどんどん探ってみると狙いどうりガツンと来た 今まで味わったことの無いくらいの強烈な引きでドラグもどんどん出て行く コレはでかいとすぐわかるくらいの引きだった。

そして、何度かの突っ込みに耐えた後ようやく魚体が見えた

デ、デカイ・・・

何度かテトラの中にも入られそうになったが、なんとか取り込めた それがコイツ。
0002.JPG

やった自己ベスト更新 !
嬉しすぎて同行者と笑いまくってました。
 
その後は風がどんどん強くなってきて釣りもできない状態だったけど、風裏になるポイントを転々して、子バスを2匹釣って終了。
 今までジャークベイトは使ったことなかったんだけど、この時期はほんとにジャークが効くってことがわかりなかなか内容の濃い琵琶湖遠征でした
 
【今日のタックル】
ロッドハートランド ランドレイダー

リール
 
シマノ カルカッタ コンクエスト 101 DC (左) A−RB

ルアー
 
IMAKATSU スーパーキラービル
posted by にの at 18:05| 🌁 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

シマノの厳選紹介
Excerpt: /g1011/g202/g301/納期のご確認はこちらから在庫状況・納期の目安の確認 (※ご確認には商品番号が必要です。)【商品番号は 88929 です】上記のリンクより現在の在庫状況、納期の目安をご..
Weblog: 海釣りの思い入れ
Tracked: 2007-08-01 22:28

シマノへの思い
Excerpt: /bargain/g1003/g206/g301/精度と剛性を追求したマシンカット一体成型による、新たなる丸型リールを提案したカルカッタ。そのコンセプトをさらに追求し、ストロングスタイルを征服するカル..
Weblog: ベイトをあなたに捧げます
Tracked: 2007-08-12 15:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。