2007年07月15日

エバーグリーン サイドステップ

ジャークによりその名の通り左右へキレのあるダートを見せる「サイドステップ」。

BIG BITEで有名な菊元さんのルアーです。

長さ:11.7cm
重さ:16.0g

ダート中は「ブルブルッ」と水を動かし「ギラギラッ」とフラッシングもしますぴかぴか(新しい)

このルアーの最大のバイトチャンスはジャーク後のポーズexclamation

ジャークの後ポーズさせることで、ゆっくりと浮きあがってくるんですがそこで微妙にロールが入っています。

また、このサイドステップは固定重心ですが、以外と良く飛びます。

まさしく極めて集魚能力が高く、魚を狂わせ一気にバイトさせる力に優れたジャークベイトだと思います。


 

では、不満な点を・・・

ジャークした後にたまにフロントフックにラインが絡まってしまうことがあります。
まぁ、それだけキレのあるダートをしてくれるんだと思って諦めていますが・・・

あとは、少し浮き上がりが早いと思います。
もう少しだけスローに浮いてきてくれれば、さらにバイトチャンスが増えると思うんですがね。
ただ、それで微妙なロールが消えてしまうんなら諦めるしかないのかも・・・



posted by にの at 20:27| 🌁 | TrackBack(0) | エバーグリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャッカル マスク

ソフト耐久素材でスローシンキングタイプのミノー「マスク」。
長さ:100mm
重さ:14.3g



ソフトな素材を使っているので、バスが違和感無くバイトしてくるためか、ルアーが丸呑みされる事もしばしば。

フックがルアーのボディ部分と当たって発する音も無いので、バスにプレッシャーがかかにくいんでしょうね。

さらに、そのソフトな素材によって、ウォブリングにより発生する水を押す波動も他のプラスチックルアーと違うので、その波動にも興味を持つんでしょう。

このマスクはアクション(トゥイッチなど)をかけずに、ジャッカルさんのホームページに書いてあるとおり「ただ巻き」がベストだと思います。

で、不満な点ですが・・・

まず、ソフトな素材を使用しているのでどうしても保存方法が難しいようです。

ワームとハードルアーを一緒に入れておくと変色したりするのと同じ原理っぽいですね。

あと、これは個体差があるのかもしれませんが、ルアーの目が取れやすい。

これもソフト素材を使っているので、接着力が弱くなるんでしょう・・・
まぁこれは、お店でルアーの目だけ売っているので、それで対処すればいいですね。
posted by にの at 03:34| 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | ジャッカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シマノ カルカッタコンクエストDC

夢のブレーキシステムを搭載したシマノのリール「カルカッタコンクエストDC」




今までは、シマノのアンタレス5を使っていたんですが、カルコンDCに変えてほんとに飛距離が見違える程伸びました。このデジタルコントロールブレーキがどのようなものかは↓から

http://fishing.shimano.co.jp/body/product/bass/conquest_dc/dc.html

簡単にまとめると、これまでのブレーキは回転に伴ってブレーキ力もUPしていたので、キャスト時のエネルギーが失われていたんですが、デジタルコントロールブレーキは、リリース直後のブレーキ力が限りなく0に近いので、キャスト時のエネルギーが損なわれず、光センサーで回転数を自動で調整する事で最大限の飛距離が得られるようです。

本当このカルコンDCは、
見た目かっこいいexclamation
巻き心地気持ちイイexclamation
飛距離は結構出るexclamation
バックラッシュがほぼないexclamation
デジタルコントロールブレーキの設定がすごく楽でキャスト時の音も「キュイーーン」と気持ちいいexclamation

欠点としては・・・
正直言ってほとんどありません。
しいて言えば、ラインがあまり巻けないです(バス&シーバス釣りには問題ない程度ですが)
いつも使っているラインはGT-Rの16ポンドなんですが、全部巻ききれないんです。
強引に全部巻くとメンテナンス時にスプールがはずせなくなります・・・
ちょうどいい所で止めるとあと少しだけラインが残ります・・・
あとほんの少しだけラインを巻ける量が多いといいです。

購入を考えている人へ。
たぶんこのリール(他のリールでも思いいれがあれば一緒ですが・・・)を買う人は相当釣りが好きな人だと思うので問題ないと思いますが、なるべくメンテナンスはしてあげましょうね!(特にシーバスもやる方は毎回やったほうがいいかも)
私は、シーバスもバス釣りにもカルコンDCを使っていますが、海へ釣りいった時は毎回水洗いしてます。池へいった時は3回4回くらいに1回綺麗にしています。やはりメンテナンス後はあきらかにスプールの滑りとか違いますよ!
せっかくこんなに高価なリールを買うんだから長く使ってあげましょうわーい(嬉しい顔)

posted by にの at 03:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | シマノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイワ ハートランドZ ランドレイダー

ハートランド倶楽部のWE ARE ONE PROJECT(WAO)第1弾モデル「ランドレイダー」。

ランドレイダーの特徴はなんといっても、超高弾性カーボンを使っていて、ソリッドなのに持ち重り感がほとんどない事です手(グー)
ほんと一日中楽しくキャストする事ができます。
ランドレイダーで主に使用するルアー(ワーム)は、個人的には1位が巻物系で2位がノーシンカーです。

このロッドの本当に気に入っている点は、魚のノリが断然いい事です。大体の魚はアタリがあればノセる事ができますexclamationほとんどはじいたりしませんよ。
後はバラシが少ないです。
そして、魚をかけた後のやりとりが堪らなく楽しすぎます手(チョキ)
今年50upをランドレイダーで3本あげてますが、それくらいのバスがかかるとバットまで綺麗に曲がってくれて、魚とのギリギリのファイトがめちゃくちゃ楽しいです。
多分60upだとロッドパワーが足りないんじゃないかなとは思います。(釣れたこと無いので分かりませんが。)

しかし、テキサスリグやラバージグなどに使うには、少しティップが柔らか過ぎるので、上手くアクションをかけづらいです。あと、アワセを入れた時にバットまで一気に曲がってしまうので、しっかりフッキングできないかも・・・

ちなみに、このランドレイダー、対応ルアーがなんと3/32oz〜1ozと書いてありますexclamation
が・・・実際3/4ozのスピナーベイトを投げてみたんですが、結構投げづらいですあせあせ(飛び散る汗)
一応投げれることは投げれると思うんですが、個人的に楽しく釣れる範囲は1/2ozまでかなって感じがします。
posted by にの at 03:08| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | ダイワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シマノファイナルディメンションPV-1610MH

テッィプが繊細で、バットが強靭なパワーのあるファイナルディメンション。



最小限の補強材で、最大限の効果を狙ったハイパワーX構造により強度を保ち、その中で極限の軽量化をしています。

また、リールシートは最大限削ってあり、非常に握りやすいと思います。

ファイナルディメンションは、インプレでも非常に評価が高いので是非一度使って見たいロッドです。

巻物でも、ボトムを感じる釣りにも利用できそうなので、おかっぱりにももってこいだと思いますよexclamation×2

【中古】シマノ:PV-1610MH
posted by にの at 03:04| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | シマノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。